採用情報 recruit

製造部 鉄構課 Y.Hさん

製造部 鉄構課 H.Sさん(24歳)平成28年入社

入社のきっかけ

 入社前ではポリテクセンターの金属加工科を通して溶接について学び、溶接に触れた時に感じた面白さと学んだ事を活かしたいという思いから藤原鐵工所に入社しました。

製造部 鉄構課 Y.Hさん

入社からその先

 職場の環境に慣れて少し経った頃に溶接技術競技会島根県大会に出場することが決まった時は、他の人と競い合う面白さの反面、会社を代表して出場する事に対する緊張と不安を感じましたが、会社や先輩方からの応援もあり前向きな気持ちになって溶接の練習に励む事ができました。結果は第二位で一位には及びませんでしたが、実務で必要なJR試験の合格等、技術の向上に繋げる事ができました。
 これからも技術の向上に励んでいきたいです。

スタッフ一覧に戻る

製造部 管理課 Y.Tさん

製造部 管理課 Y.Tさん(41歳)令和2年入社

入社のきっかけ

 以前は食品製造補助の職に就いていました。様々な食材が一つの商品にかわってゆく過程がとても楽しく、上手くできあがる度に喜びを感じていました。しかし体力的に続けていくことが困難になり、ハローワークで相談したところポリテクセンターをすすめられました。
 何も資格がないので体に負担をかけないデスクワーク中心の勉強のできる「ものづくりサポート科」に入所しました。はじめはExcel、Word、簿記だけしか関心がなく、授業内容の一つであるCADは自分には無理だとやる前から諦めていました。しかし授業が進むにつれCADの方が面白くなってきました。画面の中で作り上げる楽しさや、できた時の達成感を感じれる幸せは食品製造補助の仕事をしている時と似ていました。CADを使う仕事に就けたらなぁ…と思っていたところ、ポリテクセンター在所中に会社からクリエイト求人でオーダーをいただき会社見学をさせていただくことになりました。温和な口調で丁寧に説明してくださる社長に安心感を持っていましたが、場内見学では大きな橋桁や広い場内に圧倒されて不安になってしまいました。でもそんな私に「みんな一からだよ。」とお声をかけていただき、何の知識もない自分がお役に立てることがあるのなら頑張ってみようと思い、入社を決めました。

仕事内容について

 今はCADを使って(製図の中から必要な材料を取り出し発注する仕事)の勉強中です。希望していたCADが使える仕事ではありますが、それはあくまで仕事をする上でのツールなので、専門的なことをもっと勉強していかないといけません。ポリテクセンターで使っていたCADとも使い方が違いますし、焦る気持ちもありますが、先輩方は「ゆっくりでいいよ。」と言ってくださります。でも求めればとても丁寧に教えてくださったり、実物を見せてくださったり、とてもいい環境で勉強させていただいています。
 まだまだお役に立てることはありませんが、しっかりと成長したいと思います。

就職活動をしている方へ

 鐵工所ではありますが、職場の雰囲気は柔らかで穏やかな空気が流れています。長く働いている方が多く、居心地の良さを表しているのだと思います。ゆっくり急かさずに教えてくださる、成長を待っててくださる環境であるので、自分も努力しようお役に立とうという気持ちになります。
 自分がCADの練習で描いた軌条受けの実物を見ただけでも感動するのに、大きな橋の完成はそれをはるかに上回る感動や達成感が得られるのだと思います。ものづくりが好きな方は男性はもちろん、女性でもやりがいのある仕事だと思います。

スタッフ一覧に戻る

製造部 鉄構課 U.Rさん

製造部 鉄構課 U.Rさん(42歳 男性)令和2年入社

入社のきっかけ

 令和2年の4月、コロナウイルスの影響で世の中には大量解雇や雇い止めなどの暗いニュースばかりがあふれていました。そんな時、先の見えない不安な気持ちで職業訓練校に通いながら就職活動している私に、「会社見学に来ませんか」という有難いお誘いがありました。期待と不安の入り混じった気持ちで会社にいくと、恐れ多くも社長ご自身に会社の説明や案内をして頂きました。事業や製品に対する熱い思いと、言葉の端々から伝統や誇りを感じ、感銘を受けたその日の内にお世話になりたいと思っていました。前職とは全く違う未経験の分野への挑戦でしたので、すごく不安な気持ちもありましたが、幸いにも採用をいただくことができました。

今の仕事について

 現在は製造部に配属され、部材の加工や組立ての作業に従事し安全への高い意識や、巨大な構造物でありながらも精密な作業を要求される仕事に、毎日緊張感を持ちながらも充実した時を過ごしています。

今後の目標について

 今後の目標は、クレーンの資格を取得する事や図面などを正確に読めるようになれば作業の全体像を把握することができ、一つ一つの仕事を更にやりがいを持ってできるのではないかと考え、図面記号やその見方などを勉強していきたいです。そして時代に併せて前進を続ける会社に後れを取らないよう私自身も成長していきたいと思います。

スタッフ一覧に戻る

製造部 鉄構課 K.Mさん

製造部 鉄構課 K.Mさん(36歳)令和2年入社

入社のきっかけ

 溶接に興味があり、ポリテクセンターで金属加工を学び藤原鐵工所に入社しました。

今の仕事について

 入社前に会社を見学させていただいた時に製作している物の話を聞いたり、実際に作業をしているところを少し見てイメージしていたものと違い、入社してみると精密さが必要な作業もあり驚き、また、精密な作業ができるようになりたいとも思いました。
 機械の扱い方、手順がポリテクセンターで学んだ事と少し違い戸惑う部分もありました。溶接の仮付や、ガス切断もやらせてもらいましたが、感覚での部分が難しかったです。

今後の目標について

 今後は、クレーンの資格取得や図面の理解、部材の名称、機械の名称、物が置いてある場所など必要な事を早く覚え全体的な流れを把握し、スムーズに作業できるようにしていきたいです。

スタッフ一覧に戻る

製造部 鉄構課 Y.Mさん

製造部 鉄構課 Y.Mさん(20歳)平成30年入社

入社のきっかけ

 入社のきっかけとなったのは、ポリテクセンターの金属加工科で溶接などを学んで興味を持ち、それらを活かせる職業に就きたいと思い藤原鐵工所に入社しました。

今の仕事について

 実際に入社して驚いたのは、自分が想像していたより多種多様な作業があった事です。中には、難しい作業もたくさんありますが、先輩の皆さんが、優しく丁寧に教えてくださるので安心できます。
 今後も、教えていただいた作業手順や工程を覚え、溶接などの技術習得に励んでいきたいと思います。

スタッフ一覧に戻る